LOG IN

戦いの末〜

by suke.jenga

恐怖の、、、


こんにちは、範馬勇次郎です!

約1か月、待たされてた【粉瘤】の手術をやってきました。

日帰りでできるし、チャチャっと済むものだと思ってましたが、、、、、

顔面に、麻酔を5〜6本打たれ、

35歳にして、ベッドの上で泣いてしまいました。

手術中も痛くはないけれど、

まるで、獣に顔を食いちぎられてるような感覚は、

【グラップラー刃牙】そのものでした。


獣を倒した男

ご覧ください、手術翌日の僕の顔です。

この縫い跡、、、、

ライオンとか、トラとか、

ヒグマとか、、、

とにかく、強いヤツと戦ってきたオーラが出まくってるのではないでしょうか??

そうです!

僕は泣いてしまいましたが、

打ち勝ったのです。

あの恐怖との戦いに。。。


切り方、縫い方

形成外科の先生がやってくれて、

術前、術後の丁寧な説明に感謝すると同時に、

皮膚の切り方と縫い方にとても興味深いものを感じました。

(一緒にするはどうかと思いますが、、、)

おそらく、【切る〜縫う】を立体的に捉えているのだと思います。

髪の毛切る時となんか似てるなぁと、、、

むしろ、『そういうやり方もあるんだ!』っていう発見があったくらいです。

凄いです!

病院で働いてる人達からしたら、普通のことかもしれませんが、僕には驚愕のテクニックでした。。。

しかし、もう2度と、

あのベッドには横たわりたくありません。


ご迷惑おかけしてます

今月は通院のため、ちょいちょいお店閉めたり、急な予約の変更をお願いしてたりと、

本当に申し訳ありません。


今週は13日火曜、16日金曜がお休みになっています。

それ以外はほとんど予約空いてますので、
よろしくお願いします!!

電話くれないと、

来てくれないと、、、

僕は、

また、泣くかもしれません。。。

では、では、

お待ちしてまーす!!






suke.jenga
OTHER SNAPS