LOG IN

カラーのコツ

by suke.jenga

暗めのカラー

最近は、暗めのアッシュ系のリクエストが多いです。

しかし、、、

これがまた誤解の多いところ。。。

暗い≠濃い

濃く染めれば暗くは見えるけど、

暗く染めても濃く見えるとは限りません。

色の入れ替え

そして、

濃く染めるにしても、

ただ、濃いカラー剤を塗るんじゃなくて、

一度、余計なメラニンを削ってから、濃く染めるとハッキリと見えるものです。

髪の毛の中にある色を全部入れ替えるようなものです。


以前の同僚のエイリ(34歳、5人の子持ち)、

彼女のカラーも、一度ブリーチでハイライトを入れて、濃いアッシュ系のカラーで染めてます。

僕たち日本人、特にウチナーンチュの髪はどうしても、赤〜橙が出てくるので、

色の入れ替えが必要なのです。

傷まないカラー?

僕はそんなカラーはないと思います。

特にブリーチとか、確実に髪の脂質を奪い、タンパク質を溶かし、キューティクルを傷つけます!

だから、、、

色の入れ替えと同じように、なくなったモノは、減ったモノは、

外から補充すればいいのです。

シャンプーとかトリートメントとかを、

ちょっと良いモノに変えればいいだけです。

エイリも、、、、

エッセンシャルからoggiottoに乗り換えてもらいました(笑)

カラー剤もヘアケア商品も、最近は凄く優秀なモノが沢山あります。

ダメージさせないように頑張るよりも、

ダメージさせても、それを上回る仕上がりを目指した方がいいのかな?
と思います。

では、では、、、

jengaヨロシクで〜〜す!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



suke.jenga
OTHER SNAPS